千葉県船橋市のかねもと矯正歯科 船橋駅から徒歩3分
ホーム >  当院の矯正治療 >  矯正治療で美しい口元へ

矯正治療で美しい口元へ

口元の突出にお悩みの方へ

歯並びが整然と並んだだけで「美しい口元」と言えるでしょうか?前から見たら歯は一列に並んでいるかもしれません。でも、横顔はいかがですか?口元は突出していませんか?顎のラインはきれいですか?

当院の考える「美しい口元」とは「トータルで美しい口元」のことです。歯並びが揃うことはもちろんですが、唇、お口の周りの筋肉、顎などを含め、トータルバランスのとれた美しい仕上がりに向けた矯正治療を行うことが重要なのです。

「口ゴボ」=「上下顎前突」症状の
相談が増えています

口元が突出しているネット上では「口ゴボ」「ゴボ口」などの言葉が使われていますが、その症状は主に「上顎前突」や「上下顎前突」による口元の突出のことです。
上顎の発育が大き過ぎる、前歯が前方に向いている、または上下共に顎や前歯が前方に出ていることにより、口元自体が前に出ている状態です。

さらに、口元の突出により顎が下がって、顎がないように見えることもあり、患者様のお悩みを強くしているケースもあります。

上顎前突や上下顎前突は、先天的に歯と顎のバランスが悪く、成長とともにだんだんと前方に出てくる場合と、無理な非抜歯の矯正治療により、スペースがない場所に歯を並べたことで後天的に起こる場合があります。

きれいなEライン
(エステティックライン)を目指して

理想的なEライン 鼻先から顎の先を結んだラインをEラインといいます。日本人はEラインの内側に上下の唇が軽く接するくらいが理想といわれます。

横顔が気になる方は、人差し指の側面を鼻と顎の先端に当ててみてください。唇が指に触れなかったり、そっと触れる程度だったら、美しいEラインとして横顔に自信をもっていただいて良いと思います。

もし、口元が指に大きく触れたり、指が顎に付かなかったりする場合は、矯正治療で口元を下げることで、お悩みが解消できるのではないでしょうか?

矯正治療で顎の梅干しシワも解消

おとがいの梅干しシワ おとがいの梅干しのようなシワや顎のフェイスラインにお悩みを持つ方も多くいます。
歯並びが悪く、口を閉じるために無理な力を入れていることで、口の周りの筋肉に緊張が生まれ、あごに梅干しのようなシワができるのです。歯並びやかみ合わせが整うことで、自然に口を閉じることができるようになると、お口の周りの緊張が解けて、きれいなおとがい部になったり、顎のラインがスッキリします。

当院の患者様にはリップエステや
ホワイトニングも行っています

リップエステでふっくら唇 当院の矯正治療の患者様には、PMTC(プロによるクリーニング)や口元のエステ、歯を白くするホワイトニングなども行っており、矯正治療後には様々なアフターケアプランを受けることができます。
整った歯並び、白く美しい歯、ふっくら艶のあるくちびるは、あなたの魅力を最大限に伝えられるでしょう。

当院では、トータルで美しい笑顔をサポートしていきたいと思っています。

矯正治療による口元の変化

当院の患者さんが、矯正治療でどのように口元が変化したか、実際の治療例をご覧ください。
口元の突出感にお悩みでしたが、どの患者さんも矯正治療により美しい横顔、きれいなEラインになりました。

症例1:上顎前突(出っ歯) 治療開始時10代・女性

治療前
治療後

こちらの患者さんは、口元の突出感が大きく、上下左右の第一小臼歯を抜歯して治療しました。横顔の違いにご注目ください。まるで、別人のようですね!

以下の患者さんは、無理な非抜歯治療により口元が突出して、当院にセカンドオピニオンを求めて来院された例です。 矯正治療の際、抜歯は大きな問題です。しかし、抜く、抜かないで治療を選ばず、口元がきれいに整うかどうかで治療方法を考えることが重要です。

症例2:上下顎前突 治療開始時(転医時)30代・女性

治療前(非抜歯治療)
治療後(抜歯治療)

症例3:上顎前突 治療開始時(転医時)20代・女性

治療前(非抜歯治療)
治療後(抜歯治療)

症例をご覧になって、いかがでしょうか。口元を美しく整えるために抜歯治療を行うことが、デメリットだけではないことがおわかりいただけるかと思います。

このように、非抜歯で治療を行って、「歯は一列に並んだけれど口元が突出して顔貌が悪くなった」ということにならないよう、治療開始時にしっかりと検査・診断を行って、適切な治療計画を立てることが大切です。「歯並び」だけに注目するのではなく、口元とお顔全体の美しさを考慮して、必要な場合には抜歯を選択されるのが良いでしょう。
歯の本数が少なくなることに不安を持たれる方もいらっしゃいますが、本数は多くてもしっかり噛むという仕事ができていないより、本数は減っても全部の歯がきちんと噛める方が良い状態です。矯正治療は時間も費用も労力もかかりますので、それが無駄にならないよう、良い矯正治療を受けていただきたいと思います。

矯正治療は、歯が一列に並べば完了ではありません。治療開始時に十分な検査・診断を行って、治療結果を正しく予測し、適切な治療計画を立てることが重要です。仕上がりの美しさは、治療する医師の技術が大きく影響します。矯正治療はむし歯治療などの一般の歯科医院の診療内容とは全く異なる専門の技術が必要な歯科医療なのです。

矯正を始めようとお考えの際には、技術と経験のある矯正治療を専門とする歯科医院を選んでください。
かねもと矯正歯科では、治療結果をきちんと予測し、歯並びと共に口元の美しさを考慮した治療を行います。

主訴 症例1・2・3:前歯が前方に出て、口元が突出しており、口を閉じにくい
診断名あるいは症状 症例1・3:上顎前突 症例2:上下顎前突
年齢 症例1:17歳 症例2:35歳 症例3:29歳
治療に用いた主な装置 症例1・2:マルチブラケット装置 症例3:マルチブラケット装置、歯科矯正用アンカースクリュー
抜歯部位 症例1・2・3:上下左右の第1小臼歯
矯正治療期間 症例1・2:3年 症例3:3年2ヶ月
矯正費用 ・永久歯列及びそれに準ずる矯正 650,000円
・月ぎめ処置料 4,000円×治療月数
・保定装置 60,000円、保定観察料 2,000円(3ヶ月に1回)
・検査診断料 40,000円、歯磨き指導料(初回のみ) 10,000円
※金額は税別です。
※抜歯費用は含まれておりません。一般歯科や口腔外科にて行ってください。
※矯正治療は基本的に自費診療になります。
矯正治療に伴うデメリット・リスクについて ・歯を動かす際に歯根吸収や歯肉退縮が起こる場合があります。装置を初めてつけたり、力を強くかけた時には、歯が浮くような感覚があったり、噛んだ時に痛みを感じる場合があります。
・矯正治療中は歯磨きしにくい部分ができるため、むし歯や歯周病になるリスクが高くなるので、ブラッシングを念入りに行う必要があります。