HOME > 矯正治療について > 親知らずについて

親知らずについて

親知らずの歯並びへの影響

親知らず

「親知らず」とは、永久歯の中で最後に生える第三大臼歯と呼ばれる歯です。顎の一番奥に生えてくる為、真っ直ぐに生える事はほとんどありません。 ト

どんな影響があるのか

  1. 矯正治療中や治療後に、親知らずが生えてくると、その力で、前にある歯が押されて、歯並びがでこぼこになったり、前歯の噛み合わせが悪くなったりする事があります。 ⇒きれいな歯並びを保つ為に抜歯する事をお薦めします。
  2. 一番奥にある為、歯ブラシ等での清掃が難しい為、むし歯になりやすい。
  3. 全部生えきっていない場合には、上にかぶっている歯肉の間に細菌がたまり、痛みが出たり腫れたりする事があります。

どこの医院・病院で抜けば良いか

  1. 通常は、かかりつけの歯科医院に抜歯を依頼致します。
  2. 一部分しか生えていなかったり、顎の中に潜っている場合等は下記の病院での抜歯をお薦めします。

<船橋市内>

セコメディック病院 歯科口腔外科
船橋市豊富町696-1 直通TEL:047-457-9907
初診受付:月~金 8時30分~11時30分、13時~16時。土は午前中のみ。

船橋中央病院 歯科口腔外科
船橋市海神6-13-10 直通TEL:047-437-9545
初診受付:月~金 8時30分~11時30分のみ。土は休診。

<その他の地区>

東京歯科大学千葉病院 歯科口腔外科
千葉市美浜区真砂1-2-2 TEL:043-279-2222

東京歯科大学市川病院 歯科口腔外科
市川市菅野5-11-13  TEL:047-322-0151

日本大学松戸歯学部病院 歯科口腔外科
松戸市栄町西2-870-1 TEL:047-368-6111

ページトップ