HOME > 美しい口元に > むし歯の予防

むし歯の予防

当院で矯正治療中の方はもちろん、それ以外の患者さんにもむし歯にならないよう予防の指導・クリーニングなどの治療を行っています。

PMTC

歯科衛生士による歯のクリーニング(PMTC)は、歯の汚れを落として白くするだけでなく、むし歯や歯周病予防に大変効果があります。定期的に行うことで長く健康な歯を保つことができますので、是非ご利用ください。

PMTCについてはこちら PMTC(クリーニング)

歯みがき指導

矯正装置を着けると歯みがきがし難くなるため、当院では必ず歯磨き指導を行い、むし歯や歯周病にならないよう徹底した指導を行っています。
矯正装置に慣れてきた1週間後くらいに、染め出し剤で磨けていない部分を確認します。
みがき方のポイントや注意点をご説明しながらきれいになるまで歯みがきをして頂きますので、みがき方のコツをしっかり覚えて頂けます。

キシリトールガムについて

キシリトールガムはむし歯予防に効果があります。当院でも販売していますので、ご利用ください。

歯科専用にキシリトールガム

キシリトールガム

キシリトールは白樺や樫の木等の原料から作られる天然素材の甘味料です。
矯正治療中は、装置の周りはプラーク(歯垢)がたまりやすく、むし歯菌の数が増え、むし歯になりやすくなります。キシリトールガムを噛むと、唾液がたくさん出て口の中を綺麗にし、更にプラークがはがれやすくなり、歯みがきの効果が上がります。

歯科専用キシリトールガムの優れた特徴

  • フノランやリン酸カルシウムが多く含まれている(市販品の 1.5倍 )。
    (フノラン:フクロノリ抽出物でフッ素を多く含む。リン酸カルシウム:歯のエナメル質の成分)
  • キシリトールの含有率が100%である。(市販品は50%前後)
  • 矯正装置につきにくく、噛む力を鍛える2倍のかたさ。

キシリトールガムの効果

  • むし歯の原因となる酸を作らず、プラークの量を減らし、歯みがきで落としやすくなる。
  • 唾液中のカルシウムが多く出ることによって、歯の再石灰化を助ける。
  • ミュータンス菌(むし歯菌)を減らして、歯を丈夫にする。
  • 1日3回食べたとして、1~2週間でプラークが減り始め、3か月位でむし歯になりにくい状態になります。

効果的な摂り方

  • 毎日3~5個を一日に3回位に分けて、むし歯になりやすい人は5回位に分けて。
    (注意)消化されにくい為、食べ過ぎるとお腹がゆるくなることがあります。
  • 一回5分から15分位噛み続け、食後・歯みがきの後等に摂るのが効果的です。

フッ素

「フッ素」の効果とは

フッ素は、酸に溶けにくい強い歯を作る働きがある為、むし歯予防に利用されています。細菌の活動を弱め、お口の中で酸が作られない良い環境にします。

生えたばかりの歯は、たくさんのフッ素を取り込むので、むし歯になりくくなります。

  • 毎日使い続けることが大事です!

フッ素洗口剤「ミラノール 顆粒 11%」の使用方法

ミラノール 顆粒 11%

<1>
容器の中にミラノール(1包)と水道水もしくは精製水を200mlを入れ、よく振って溶かします。
※ ミネラルウォーターやアルカリイオン水は、使用しないでください。(フッ素の性質を変化させる恐れがあるため)

<2>
歯をよく磨き、<1>の洗口液 1回分(5~10ml)を口に含み、うつむいてブクブクうがいを約30秒間行い、全体に行き渡るようにして下さい。

<3>
約30秒間ブクブクうがいを行った後、液を吐き出します。

※1日1回洗口をおこないます。就寝前の歯磨き後が最適です。洗口後30分程度は飲食をさけてください。
※ 開始年齢は、4歳前後から。まずは、お水などで練習しましょう!

フッ素洗口剤「ミラノール 顆粒 11%」の保存方法

洗口液は冷蔵庫での保管で、に30日間位可能です。

ミラノールの保管や洗口液を作る際は、必ず大人の方がおこなってください。

ページトップ