HOME > お子さんの矯正 > お子さんの治療例

お子さんの治療例

お子さんの矯正の場合、早期に適切な治療を開始することで成長発育を利用しながら症状を改善することができます。1期治療(乳歯と永久歯の混在期の治療)を行ったことで、非抜歯で治療が終えられたり、2期治療(永久歯期の治療)が軽減された例をご紹介します。

上顎前突(出っ歯)

上顎の発育が大き過ぎたり下顎の発育が小さすぎたりするために生じます。また、指しゃぶり等の癖や習慣が原因となる場合もあります。顎の発育を抑えたり、促進したりする治療方法が効果的なので、成長期などの早い時期に治療を開始することが良い結果につながります。

上顎前突症例1(非抜歯)

上顎前突症例1(非抜歯)

上顎の前歯と顎が強く前方に出ていましたが、早期に 上顎の発育抑制と歯列矯正を行ったことで、
永久歯を抜かずに(非抜歯)で並べる事ができました。

上顎前突症例2(抜歯)

上顎前突症例2(抜歯)

上顎と前歯が強く前方に出ている為、口が閉じにくく、いつも口が開いている状態でした。
成長期であるため上顎の発育抑制と永久歯を上下左右一本づつ計4本抜歯して治療を行いました。治療の前後では、上の前歯だけでなく口元の変化も顕著です。

下顎前突(受け口・反対咬合)

上下の顎かみ合わせが前後逆になっている状態で、受け口や反対咬合と呼ばれる症状です。下顎の発育が大きすぎたり上あごの発育が小さすぎたりする事が原因で生じます。発音が不明瞭で舌たらずの話し方になったり、顎の関節に障害が起きやすくなることがあります。成長期の早期に前歯の咬み合わせを治すことが必要です。大人になっても治すことはできますが、矯正治療で治せる場合と外科手術が必要になる場合があります。

下顎前突症例1(非抜歯)

下顎前突症例1(非抜歯)

早期に前歯の逆の噛み合わせを治した結果、永久歯を抜かずに(非抜歯) 永久歯列が並びました。

下顎前突症例2(抜歯)

下顎前突症例2(抜歯)

早期に前歯の逆の噛み合わせを治しましたが、噛み合わせ及び歯並びの関係上、永久歯を 上顎のみ 左右2本だけ抜歯 して治療しました。治療前後の口元の変化に注目してください。

開咬(かいこう)

開咬とは、歯を咬みしめても一部の歯が咬み合わず、上下に隙間があいてしまう症状です。食べ物をかみ切れなかったり発音が不明瞭になるだけでなく、顎関節へ負担がかかり、下顎が正常に発育できなくなる原因となることもあります。開咬の治療は、開始年齢が早いほど治る確率は高く、治療後も安定しやすくなります。

開咬症例(非抜歯)

開咬症例(非抜歯)

開咬症例(非抜歯)

指しゃぶりの影響で、上下の前歯の間に隙間が空いてしまっていました。
「指しゃぶりを止める指導」と前歯の矯正治療を行った後は、
再度矯正装置を装着する事無く、永久歯列が綺麗に並びました。

叢生(デコボコ)

叢生(そうせい)とは、顎の大きさと歯の大きさのバランスがとれず、歯の生える場所が足りなくなり、歯が捻じれたり重なり合って生えている状態です。歯磨きがしにくく汚れを落としにくいため、虫歯や歯肉炎の原因となることもあります。早期に治療を開始することにより、永久歯を抜歯せずに歯列を整えることができる場合もあります。

叢生症例(非抜歯)

叢生症例(非抜歯)

顎の大きさと歯の大きさの不調和(顎が小さい)により、並びきれずに デコボコ になっていました。
早期 の矯正治療により、永久歯を抜かずに(非抜歯) で並べることができました。

埋伏歯

歯が歯茎の中(顎の骨の中)にもぐったまま、生えてこない状態を「埋伏歯」といいます。歯が生えるスペースがないことが原因になっていることが多く、そのまま永久歯が生えずに歯並びに影響します。

埋伏歯症例

埋伏歯症例

右上の前歯が2本もぐっていて、生えていませんでした。口腔外科との協力のもとに、もぐっている前歯を引っ張り出して、歯列内に誘導しました。

小帯の付着異常

口の中にある紐状のヒダを「小帯」といい、付いている場所に異常があると、発音が悪くなったり、歯磨きがし難く虫歯になり易かったり、歯並びに影響することもあります。適切な時期に切除する必要があります。

上唇小帯付着位置異常

上唇小帯付着位置異常

舌小帯付着位置異常

舌小帯付着位置異常

ページトップ