HOME > 矯正治療について > 矯正装置 > お口のゴムについて

矯正装置・お口のゴムについて

お口のゴムは、歯並びや噛み合わせを治して行く上で重要な働きをします。歯並びを早く・きれいに治すためにご協力をお願い致します。

お口のゴム

※上記の写真のゴムは、分かりやすいように青い色のゴムを使用しています。
通常は目立ちにくい白いゴムを使用しています。

ゴムの使い方

  • 歯みがきをしている時・食べている時を除き 1日中 つけて下さい。授業や仕事の関係で話しづらい時はつけなくても構いませんが、つけられるようになったら直ぐにつけて下さい。(こまめな対応が必要です)
  • ゴムは切れなければ 24時間 を目安に新しいゴムに交換して下さい。
    ただ、途中でゴムが切れる事がありますのでゴムの袋はいつもお持ち下さい。

注意事項

  • 矯正装置を装着した時と同じで、最初違和感や口が開きづらい、歯の痛み、歯や顎が引っ張られる感じ等がありますが、直ぐに慣れてきます。
  • ゴムを気にして、手や舌でさわったりしていると、治療中の歯並びが崩れ、思わぬ方向に歯が動く事があります。
  • ゴムをつけたり、つけなかったりを繰り返していると、治療が順調に進まないだけではなく治療期間が長くなります。

こんな時には直ぐに連絡して下さい

  • 顎の関節の音がしたり、痛くなってきた時。
  • つけ方を忘れたり、上手につけられない時。
  • 装置が壊れたり、はずれたりしていて、つけられない時。
  • ゴムが無くなったり、残り少なくなった時 ⇒ 郵送します。
ページトップ