HOME > 矯正治療について > 矯正装置

矯正装置

当院では、目立たない矯正装置(セラミックの白い装置)を使用しています。

矯正装置

目立たない矯正装置

セラミックの矯正装置

歯につけるブラケットはすべて白いセラミックですので、ワイヤー以外は目立ちません。
従来の金属の装置より審美的に優れています。

従来の金属の矯正装置

歯の動きが早い装置(セルフライゲーションシステム)

セルフライゲーションシステム

歯の動きが1.5倍くらい早いことを特徴とする装置です。
ブラケットとワイヤーを固定せず、スロットに通して自由に動くようにすることで、摩擦を少なくし、効率的に歯を動かすことができます。

インプラント矯正

インプラント矯正

歯を動かすための固定源として、歯茎の部分にミニインプラントを埋入することで、歯を効率的に動かす方法です。従来はヘッドギアを使用する必要があった症例でも、この方法で、無理なく治療ができるようになりました。

詳しくはこちらをご覧ください。
インプラント矯正

顎の関係を治す装置

ヘッドギヤ

ヘッドギヤ

前歯を後方に移動させたり、奥歯が前に来ないように押さえておくための装置です。ご自宅でのみ、就寝時も含めて使用します。
成人の場合は、このヘッドギアの代わりに「インプラント矯正」で治療を行うこともできます。

チンキャップ(オトガイ帽装置)

チンキャップ

下顎を後方に移動させるための装置です。
主に成長期のお子様の反対咬合(受け口)の場合で、下顎の成長が大きい場合や、前方に位置している場合に使用します。
ご自宅でのみ、就寝時も含めて使用します。

フェイシャルマスク

フェイシャルマスク

上顎を前方に誘導するための装置です。
主に成長期のお子様の反対咬合(受け口)の場合で、上顎の成長が悪い場合や、通常より後方にある場合に使用します。
ご自宅でのみ、就寝時も含めて使用します。

保定装置

歯並びが整い、矯正装置を外した後に、歯並びを安定させて後戻りを防ぐためにつける装置です。
金属の装置と、プラスチックの装置の2種類があります。

保定装置金属

保定装置プラスチック

矯正・保定中の注意事項、お手入れ

矯正装置の痛みについて

矯正装置を着けた日から2、3日位が痛みのピークです。装置に慣れるに伴い痛みは徐々に収まってきて、1週間程で落ち着きます。また装置に慣れないため、口内炎も出来やすくなります。

  • 痛みが我慢できない時は、市販の痛み止めを飲んで下さい。
  • 装置が唇や頬に当たって痛い時や装置が原因で口内炎が出来た場合には、ワックスをお渡しします。装置をカバーするようにつけて下さい。(唇や頬にはくっつきません)

矯正中の食事について

痛みのある時は、柔らかいものを食べるか、食べやすくした状態で食べて下さい。装置に慣れてきて痛みが無くなり普通の食事ができるようになりましたら、食べるものに特に制限はありませんが、矯正装置が入っている事だけは忘れないで下さい。

  • リンゴ等をまるかじりしたり、お肉やお煎餅等の固いもの等を強くかじったり・引きちぎったりすると装置が壊れる恐れがあります、小さく切って食べて下さい。
  • お餅、キャラメル、ガム(歯科専用ガムを除く)等の粘着性のあるものは歯にくっつきやすく、装置に絡んで壊してしまう恐れがありますので、なるべくお控え下さい。

歯みがきについて

矯正治療中にむし歯になることのないよう、歯みがきを丁寧に行ってください。

  • 毎食後、寝る前には必ず歯みがきをして下さい。
  • 装置が入っているため、歯ブラシの毛先が広がりやすくなります、早めに交換して下さい。
  • 歯や装置の間に食物が詰まった時は、爪楊枝ではなく歯みがきをして取って下さい。

矯正装置にかけるゴムについて

矯正装置につけるゴムは、歯並びや噛み合わせを治していくうえで重要な働きをします。
治療がスムースに進むよう、ゴムかけにご協力お願いします。

詳しくはこちらをご覧ください。 お口のゴムについて

リテーナーの洗浄について

リテーナー(保定装置)は、こまめに洗浄して清潔に保ってください。

洗浄剤の使用方法については、こちらをご覧ください。 リテーナーの洗浄剤

ページトップ