HOME > 矯正治療について > 抜歯・非抜歯について

抜歯・非抜歯について

抜歯と非抜歯の考え方

矯正治療の際に、抜歯をするかしないかは大きな問題です。誰でもできることなら抜歯をしないで済ませたいと思うでしょうし、医師も同じ気持ちです。歯を抜かずに治療ができる症例では、もちろんできる限り非抜歯で治療を行います。

しかし、歯を並べるための顎のスペースが一定以上不足している場合には、顎骨の成長が終了している成人では、抜歯によってスペースを作る以外に方法がありません。高校生以上の方の場合、抜歯をして治療するのが8~9割です。(8、9歳頃から治療を始めた場合には、6~7割は抜歯しないで治療できます)

本来抜歯が必要な方が、無理に非抜歯で治療を行ったために、歯列が拡大されて歯が前に出て口元が突出してしまった、せっかく矯正をしたのに却って顔貌が悪くなってしまった、というケースが後をたちません。

非抜歯から抜歯に変更した治療例

他医院にて「非抜歯」で矯正を開始したが、口元の突出感が気になり、治療途中または治療終了後に当院に転医して「抜歯」で矯正治療を行った症例です。
転医時と治療後の、口元の変化に注目ください。突出感が大きく改善しているのがわかります。

症例1(10代女性)

非抜歯から抜歯に変更した治療例(10代女性)

症例2(30代女性)

非抜歯から抜歯に変更した治療例(30代女性)

症例3(20代女性)

非抜歯から抜歯に変更した治療例(20代女性)

口元のトータルな美しさと噛み合せを考慮して

このように、非抜歯で治療を行って、「歯は一列に並んだけれど口元が突出して顔貌が悪くなった」ということにならないよう、治療開始時にしっかりと検査・診断を行って、適切な治療計画を立てることが大切です。
「歯並び」だけに注目するのではなく、口元とお顔全体の美しさを考慮して、必要な場合には抜歯を選択されるのがよいでしょう。

歯の本数が少なくなることに不安を持たれる方もいらっしゃいますが、本数は多くてもしっかり噛むという仕事ができていないより、本数は減っても全部の歯がきちんと噛める方がよい状態です。
矯正治療は時間も費用も労力もかかりますので、それが無駄にならないよう、良い矯正治療を受けて頂きたいと思います。

ページトップ