HOME > 成人の矯正 > 成人の治療例

成人の治療例

矯正治療は成人になってからでも十分行えます。
大人になってから治療を開始し、綺麗な歯並びに改善した治療例をご紹介します。

上顎前突(出っ歯)

上顎の発育が大き過ぎたり下顎の発育が小さすぎたりするために生じます。上顎を後方に引っ込める必要がある場合には、通常の矯正装置の他にヘッドギアやインプラント矯正を使用する場合もあります。

上顎前突症例

上顎前突症例

上顎の前歯と顎が前方に出ている為、口元の突出感が強く、口が閉じにくい状態でした。
上下顎 左右1本 計4本抜歯 して治療を行いました。治療前後の口元の変化に注目してください。

下顎前突(受け口・反対咬合)

上下の顎かみ合わせが前後逆になっている状態で、受け口や反対咬合と呼ばれる症状です。下顎の発育が大きすぎたり上あごの発育が小さすぎたりする事が原因で生じます。発音が不明瞭で舌たらずの話し方になったり、顎の関節に障害が起きやすくなることがあります。矯正治療単独で治せる場合と外科手術が必要になる場合があります。

下顎前突症例

下顎前突症例

成人になるまで放置した為、下顎の過成長・上顎の劣成長が著明になったケースです。
外科手術(顎切り手術)の併用も検討されましたが、上下顎 左右1本 計4本抜歯 して治療。
矯正治療単独で、綺麗な歯並びと口元になりました。

開咬(かいこう)

開咬とは、歯を咬みしめても一部の歯が咬み合わず、上下に隙間があいてしまう症状です。食べ物をかみ切れなかったり発音が不明瞭になるだけでなく、顎関節へ負担がかかります。顎の成長が終ってしまった成人は治療が難しく、時によっては外科矯正(顎切り手術)を併用する場合もあります。

開咬症例

開咬症例

上下の前歯がかみ合わずに隙間が空いているため、発音障害(さ行が上手く言えない)や前歯で物が噛み切れない等の不都合を強く感じていました。治療後、上下の前歯が正しくかみ合うようになり隙間が無くなりました。

叢生(デコボコ)

叢生(そうせい)とは、顎の大きさと歯の大きさのバランスがとれず、歯の生える場所が足りなくなり、歯が捻じれたり重なり合って生えている状態です。歯磨きがしにくく汚れを落としにくいため、むし歯や歯肉炎の原因となることもあります。成人の治療ではスペースを確保するために永久歯を抜歯する場合があります。

叢生症例(抜歯)

叢生症例(抜歯)

顎の大きさと歯のサイズの不調和が顕著なケースです(顎がかなり小さい)。
永久歯を上下左右1本 計4本抜歯 して治療し、綺麗な歯並びになりました。

外科手術を併用した矯正(顎変形症)

骨格的な問題があり、矯正治療だけでは十分な改善が無理な場合、外科手術を併用した治療を行います。手術によって顎の位置を移動させ、上顎・下顎の歯並びや咬合わせがしっかりと合うようにします。手術後にはリハビリと歯並びや咬合わせの微調整を行います。このように骨格から改善することにより、咬合わせを良くし、口元の容貌も大きく改善することができます。

外科矯正併用の下顎前突症例(顎変形症)

外科矯正併用の下顎前突症例(顎変形症)

上下の顎のズレが強く、歯列矯正のみでは改善不可能のため、顎の外科手術を併用しました。
治療後、咬み合わせだけでなく口元にも顕著な変化がみられます。

ページトップ